2011年06月05日

観劇A

風煉ダンス
「泥リア」

おもしろかったです。
前半、喪服の三姉妹が母親の通夜の席で
遺産と認知症気味の父親の世話でもめるあたりでは
「出たよー」という感じで正直うんざりしかけたんですが、

全く想像もしていなかった大転換で
完全にやられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ネタバレになっちゃうけど今日が千秋楽だったからいいかな?
徘徊癖のある爺さんを探しに出た娘婿が突然へんな世界にトリップしてしまい、
その世界で起こるキングギドラ姉妹の政変とか
泥まみれの人達の踊りとかに巻き込まれたりするんです。)
↑これだけ書くとわけわかんないけど、ちゃんとメッセージもあり
 しっかりしてるんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう風に期待を思いっきり裏切ってくれると
演劇ってまだまだ余地があるかもっていう気になります。

帰りに本を書こうとお店に入ったんですが、、、
本を書こうと.jpg
飲んじゃいやした。


今回も友人が出ていたので見に行ったんですが、
すごくよかったです。
彼は僕がホントに憧れる役者の一人なんですが
すごく力が抜けていて、どうやってもまねできないなーと
見るたびに嫉妬してしまします。

んんんんーーー


ラベル:演劇 芝居 劇団
posted by ふじさんちゃん at 23:53| Comment(1) | おおつまさか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおつまさか様

この度は「泥リア」ご来場いただき誠にありがとうございました。
また好意あるご感想を書いていただき大変嬉しく今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
ご友人であるという今回出演の役者は・・・吉成?田中?・・・
Posted by ドロ林 at 2011年06月07日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。